自由にオーダー|オーダーメイド紙袋はインターネットで簡単に注文できる

オーダーメイド紙袋はインターネットで簡単に注文できる

男性

自由にオーダー

看板

ネットでも注文できる木製看板

木製看板は昔から使用され現在でも、ラーメン店や和食店、和装のお店を始め掲げるお店は増加しており木工加工所も木製看板を手がける工場も増加しています。地元の木工加工所や木製看板制作会社に注文する事がほとんどでしたが、インターネットの普及により木製看板を制作する店舗がネットショップを経営し全国各地から注文を低価格で受け付ける事が増えてからは、ネットで制作を注文する店舗も増加しています。すべて手彫りで制作する木製看板の値段はベースとなる木材の価格が高くなっているため、若干昔より値段が高い制作費用になっていますが、機械で制作と加工を行う木製看板の制作は年々低価格になっており、腐食や防虫の加工技術も上がっているため品質の良い木製看板の制作が可能になっています。

木の板から始まった看板

日本において木製看板の使用が一般的になったのは室町時代と言われており、室町時代では絵馬の形に木材を型取り墨で売っている商品の名前を書いて、何を売っているか人に認識させる用途で使用されていました。絵馬型以外にも札状の形の看板もあり、穴を開けて吊るしたり壁などに貼り付ける形態が多く、飾りや絵を付ける事はありませんでした。江戸時代になると木製看板は人に何を売っているか認識させるだけではなく、楽しませる効果のある看板が次々と現れる様になり、売っている商品の形や素材に型どった看板や、色を付けたり金箔を付けてゴージャスさを出すなど制作費が高額になる看板も多くなりました。現在では派手さよりもシンプルに自然な木材の素材を楽しむ傾向にあります。